ウイルス対策ソフトをパソコンに入れています。

パソコンを購入した時に店員さんのアドバイスでウイルス対策ソフトを導入した方が良いとの事だったので、合わせてウイルス対策ソフトも購入しました。パソコンの設定が終わった後に、ウイルス対策ソフトのCDを入れてインストールをして、それから使っています。

今までコンピュータウイルスに感染した事はありませんが、スパイウェアが発見された事はあります。スパイウェアはパソコンの情報を読み取って勝手に送信したりする事があるので、ウイルス対策ソフトのお陰で発見する事ができて助かりました。

常に新しいコンピュータウイルスやスパイウェアは登場するので、ウイルス対策ソフトのアップデート機能を定期的にチェックして新しい駆除プログラムをインストールするようにしています。

犯罪予防にウイルス対策ソフト

最近では、個人のパソコンの中に入り込んで、クレジットなどの個人のデータを抜きとってしまうような、悪質なウイルスが増えています。

勝手に他人のクレジットを使い、高額な商品を買われてしまったというケースは、たくさんあり、そのようなネット犯罪には、まだまだ警察も完全には対処しきれていない現状です。

このような被害にあわない為にも、ウイルス対策ソフトは必ず入手しておく必要があります。ウイルス対策ソフトをパソコンに入れておくことで、防げる犯罪被害もたくさんあります。

ウイルス対策ソフトは、期間限定で無償のものもありますので、必ず入手して、悪質な犯罪やウイルスから個人情報を守ってくださいね。また、自分の使用しているソフトの期限が切れていないかどうかも、定期的にチェックをしておく必要があります。

ウイルス対策ソフトの効果

ウイルス対策ソフトを導入していてよかったなと思えることがありまして、それはやはりウイルスを見つけた時です。

今まで、ウイルスが侵入したことがなかったので、これからもないだろうからウイルス対策ソフトなんて適当なソフトで良いだろうだなんて思っていたのですが、スキャンしてみていくつか見つかった時は、やはり導入しておかなければいけないなと感じました。

私のパソコンに侵入したウイルスは、危険度がそんなに高くないものだったので、一安心だったのですが、もし侵入しただけでOSをすべて壊してしまうような凶悪なものが侵入していたらと思うと、ぞっとします。自分のパソコンにこういったものが侵入しないように、きちんとしたウイルス対策ソフトをインストールしましょう。

高いウィルス対策ソフトは重い

私は普段Macなので、そこまでウィルスに神経質になってないのですが、主人のパソコンはウィンドウズなので、ウィルス対策は必須でが、某有名メーカーのウィルス対策ソフトをインストールしていますが、大変重くて立ち上がるまでに10分はかかります。

大体パソコンを起動してから、何か家事を済ませて、またパソコンを見るという流れになってます。こんなに重いと、かえってパソコンの負担になってる気がしますが、わたし個人としては、コンビニで1000円ぐらいで売ってる、ウィルス対策ソフトで問題ないように思います。

主人のパソコンは仕事で使ってるわけじゃなく、ただネットサーフィンするだけの物なので、高いウィルス対策ソフトの必要性が解りませんが、主人は心配性なので有名メーカーの物を使う事で、安心感を得ているようです。

ウィルス対策ソフトで大事なこと

これまで、ノートンインターネットセキュリティ、カスペルスキー、AVG、Antivarなど、有料、無料問わず、いろいろなウィルス対策ソフトを使用してきましたが、ウィルスの検出率にはそれほど大きな差はなく、重要なのはその他の機能であるというのがわかってきました。

特にファイアーウォール機能を重要視しています。これはデータの送受信を関しするための機能ですが、通信が不要なソフトでも、データを送信することがあります。すべてが危険というわけではないのですが、送信しているデータの内容は不明なため、「送信させない」事が一番です。

またウィルス対策ソフトを導入すれば良いというわけではなく、Windows自体のアップデートや、使用ソフトのアップデートも実施する必要があります。