ウィルス対策ソフトで大事なこと

これまで、ノートンインターネットセキュリティ、カスペルスキー、AVG、Antivarなど、有料、無料問わず、いろいろなウィルス対策ソフトを使用してきましたが、ウィルスの検出率にはそれほど大きな差はなく、重要なのはその他の機能であるというのがわかってきました。

特にファイアーウォール機能を重要視しています。これはデータの送受信を関しするための機能ですが、通信が不要なソフトでも、データを送信することがあります。すべてが危険というわけではないのですが、送信しているデータの内容は不明なため、「送信させない」事が一番です。

またウィルス対策ソフトを導入すれば良いというわけではなく、Windows自体のアップデートや、使用ソフトのアップデートも実施する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA